だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


奇跡の初日を乗り越えて

稽古終了


なんだかあっと言う間の稽古期間だった。
稽古最終日、新幹線に飛び乗り、名古屋「得三」にて清水宏。
エジンバラからの凱旋帰国LIVE。

とにかく、ひたすら勇気を貰う。



蓮は、熱がひいたと思ったら、顔や体にしっしんが出た?
病院へ行くも、悪性のものではないと言われ。
2日後。
完全に治った。
一時は食べられなくて、あっと言う間に痩せ細ったので心配したのだが、元気になって本当に良かった。




小屋入り後、3日かけて場当たり。
お祓いをし、そして通し。
ゲネプロを終え、
無事初日あけました。



初日、とても暖かいお客様。
反応が起こると、なんて役者は、そして物語は生き生きとしてくるのか。

素晴らしき奇跡の初日でした。

こまつ座様から初日焼肉をご馳走になりました。


そして本日、始めての昼夜。
終わって、ケンジ役の井上くん。
後半はトランス状態だったと(笑)

そうなんです。
一日二回通すのは、稽古中にもなかった異例な事態。

まあこれからは週に2回は必ずあるのですが、、。


疲れを溜めない事。

長い公演なので、体調管理必至です。


公演時間は休憩こみ、3時間。

生と死の話。
人間の話。

まだまだチケットあるようです。
是非お待ちしています。





  1. 2013/10/09|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

こまつ座はじまります

満員新幹線体感

三連休中日。

稽古帰りに、東京駅からの最終新幹線に並ぶ。

途方もない混みよう。


指定席は当然売り切れ。

グリーン車も。


ホームから落ちそうな位の、自由席に並ぶ列。






ビール片手に。
人ごとのように、途方に暮れ。


なんだか、諦めにも似た境地に。

よし!
立って帰ろう。
たったの二時間弱じゃあないか!
(最終はひかりなんで、二時間近くかかる)

と。


開き直ることしかり。





しかし。

なんだかタイミングよく。

何故だか奇跡的に座れたのでありました。

ああ、あさましい。
恥ずかしい。


通路には、溢れんばかりの人。
トイレに行くにも阻まれる満員率。


満員新幹線。
車掌さんも通れない。




観劇。


名鉄ホールにて「悪霊」
初演も再演も見たはずだったが、やっと話が良くわかった気がする。
とても怖く、面白かった。






こまつ座稽古もあと少し。
毎日、通しをしております。
休憩混み、3時間か?
詳しくわかったらまたお知らせします。




日々バタバタ。


名古屋の部屋を10月中にリフォームすることになり、バタバタです。
簡単なリフォームではなく、床を全部引っぺがし、配管を全部新しくするという大工事。

東京ではこまつ座。
名古屋ではリフォーム。

自分が2人いればなあなどと本気で思う、このバタバタさ加減。

昨日から蓮は熱を出すし、、。

重なるときは重なるものです。



、、、大変な時こそ、笑いましょう。




今日はこまつ座衣装つき通し。

秋晴れ。
富士山も見事。
張り切っていこう。






  1. 2013/09/28|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

秋の予感

こまつ座稽古順調に進んでおります。
本読みを丁寧に三日。
そして立ち稽古へ入りました。

立ち稽古のペースも割と早い。

久しぶりに、遠く、懐かしい稽古場に通っています。
スカイツリーが毎日、目に入る。


同じ敷地で、同じ井上ひさしさんの「ブンとフン」の稽古をやっていて、、ちょっと覗いたり。


「イーハトーボの劇列車」懇親会では、両国にてちゃんこをいただきました。
本場は違うなあ。
うまかった。



、、、などと言ってるうちに、あっという間に劇場入り二週間前。


今回、僕の役はトリッキーな仕掛けがあるので、不安でいっぱいです。
出番はそんなに多い訳でもないのですが、チョコチョコ出るので気が抜けません。


今回、改めて宮沢賢治について色々知り、改めて興味深い人間だったのだなあと思わされます。

人間のあるべき本当の姿を追い求めた賢治。

理想を掲げることと現実、、挫折感。

今の日本の状況にとてもリンクする話だなと思います。

皆様是非。


さて、稽古後半戦、頑張ります。




  1. 2013/09/21|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

夏が終わる

深夜ドラマ撮影

佐藤二朗氏とは久しぶりに。
ハマケンこと浜野謙太氏とも久しぶりに。
で、役が、ハマケンの父親役という(笑)
まあ浜野くんが高校二年生役なので、設定からしてデタラメなのですが。
撮影はとても楽しかった。
待ちの時間、楽屋で、それぞれの子どもの話に花が咲いた。


親族代表
スズナリ
贅沢な作家陣、コント手練れな役者陣。
福原くん、ブルースカイ作品、素敵。



東京実家の木を刈り込む

実家に戻った時の仕事のひとつ。
庭の木を刈り込む。

夏、木は成長する。
主に、屋根から続く藤の枝が伸び放題なのだ。

暑いが、汗だくで、高枝切りバサミで、猛然と枝を切りまくる。
容赦無く。

うちの木たちは根が深い。
水などやらなくともどんどん伸びる。
恐るべし生命力。

虫もあちらこちらに。
蚊にはさされまくり。
蝉のぬけがらがいくつも。
アリの大群と、巣。
トカゲもいる。
なかなかに小さな庭はジャングル化しているのだった。




方言


こまつ座、イーハトーヴの劇列車の稽古は九月からなのだが、方言指導のCDがとどく。
花巻弁?東北弁?
を喋る。


昔一度、京都弁の役をやったことがあるが、大阪公演の公演後、たまたまエレベーターで乗り合わせたお客さんに、お芝居はすばらしかったけれど、もうチョット方言勉強した方がええなあと言われたことがある(笑)
方言て難しい。が素敵。

自分が東京生まれ東京育ちなのだからかもしれないが、方言にとても魅力を感じる。
頑張ろう。



小川美潮さんの
「人と星の間」という曲が素晴らしい。
ドラムは青山純さん。これもたまらない。


撮影で仙川の団地へ。
ハマケンに在日ファンクのLIVEDVDを貰う。
とにかく現場が暑く、そして空気が薄かった。
無事クランクアップ。


家族で東京実家へ帰省
実家での数日。
立川の諏訪神社祭り、親戚大集合で楽しかった。



事務所の宣材写真撮影。
新しくした。
が、4,5年では余り容姿は変わらないようだ。



車旅

車二台で、ひるがの高原、そして
白川郷へ、
かなり走った。
車で長距離を走るのは、アポロボーイズの夏のツアー以来かなあ、などと懐かしい気持ちになる。

ひるがのは本当に涼しかった。
夜は星空を眺めた。
蓮と何度も温泉に入った。
「牧歌の里」へも行って、牛、馬、兎、羊などと戯れた。
蓮は、特に、静かな羊と顔を近ずけてかなり親密になっていた。

白川郷は、初めて行ったが、合掌造りなど素晴らしかった。
夢の中にいるような、天国にいるような、不思議な気分になった。
楽しかった夏休みも終わる。





ピースあいちの「はだしのゲン展」へ。
図書館規制の事件で、逆に有名になったはだしのゲン。
ピースあいちは、戦争を考える
、伝える、活動をしている貴重な施設だ。


車にデコレーション
嫁が車のイスが殺風景だからと、カラフルなデザインの布の生地を買い、それを纏った。
一目でわかる派手さになった。
ありがとー嫁。



映画

おじいちゃんの里帰り
北のカナリアたち
彼女は愛を我慢できない
恋の渦




台風
名古屋から東京へ向かう予定の夕方、台風が来た。
もの凄い雨量。
家のまわりが次々冠水した。
予定を変更し、次の日に東京へ行くことにした。
台風の中、新幹線に乗っていたら大変だっただろうなあと、免れたことにホッとした。
しかし最近は竜巻だの怖いなあ。
自然が怒っている。


こまつ座稽古はじまりました。
大作です。
今、この日本でやるに値する宮沢賢治評伝劇。
皆様、お待ちしております。


あと、12月、LOFTにて、ケラさんの50歳誕生祭。
7日は、中野テルヲソロにゲストで。
15日は、ガンビーズ、そして初期有頂天セッションに。
それぞれ参加します。
リハーサルが大変そうですが、、
今から非常に楽しみです。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー
生誕50周年・ナゴムレコード30周年&新生記念・新宿ロフト4days

詳しくは
http://rooftop.cc/news/2013/08/25161521.php

  1. 2013/09/08|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

暑中見舞い申し上げます

皆様、お元気ですか。
暑いですね。
公演も終わったのに、かなり放置しっぱなしのだらけ日記。
断片的にですが、公演中から書き溜めたものをまとめてUPしまーす。


七月○日

木野花さん。
観劇していただいて、楽屋で感想を聞く。
寅夫、、本当に嫌な奴に見えた、、って事は、みのすけがうまいって事なんだろうなと。
あんたのこんな悪い役見たことないから、、新鮮で良かったよ。
と。

褒められた。
厳しい木野さんに褒められることなど少ないので、とても嬉しかった。

木野さんとは古く、10数年前に、真夏の夜の夢という舞台の演出を受けたり。

10月のこまつ座でご一緒させていただく。
よろしくお願いします。




つかの間、名古屋。
名古屋市美術館へ蓮を連れて。
絵本展だった。
僕は子供の頃、絵本をそんなに読んだ記憶がないのだが、蓮にはいっぱい読ませてあげたい。
名作の絵本がたくさんある。


東京公演楽日

長いようで短いようで。
無事終わりました。
誰も怪我せず無事終えられることが奇跡だと感じる昨今。


そして、次なる大阪も無事終わりました。
一日だけの13時18時公演と、かなりタイトなスケジュールでキツイ一日でしたが、、怪我もなく無事終了。


そして神奈川。
夕方から雷雨に見舞われ電車が止まったりで、間に合わなかったお客様もいたようですが。
無事に終わりました。


そして北九州。
ムンムンとすこぶる蒸しました。
小倉楽日には、スタンディングオベーションも。
小倉は熱い。


名古屋千秋楽。
蓮を劇場に連れていく。
アップのコアリズムでは、一緒に踊りまくった。
劇場での場当たりを見せる。
割と大人しくしていて、僕もやりたい、と言った(笑)
本番ではさすがに蓮は帰ったが、嫁の親戚筋、友人、知人大集合だった。
皆様それぞれ楽しんでくれたようで良かった。

そして名古屋で最終打ち上げ。
スタッフ交え全員で呑むのは、はじめてにして最後。
本当にお疲れさまでした。



八月○日。

友人から車を譲渡される。

幸運な事に、以前車を買おうかと思案していた事を覚えてくれていた嫁の友人から、もう乗らないのでと車を貰う。
トヨタカローラ。
譲渡の手続きは、警察へ行ったり運輸支局へ行ったり、色々めんどくさかったが、本当にありがたかった。
これで名古屋での行動範囲が拡がった。

オートバックス
カーナビ、ETCなどを装備。
立川の夏祭りには、車で実家に帰る算段。
蓮が長旅に飽きないかが鍵。







八月○日
岐阜の花火を見に親戚宅へお泊まり。
長良川から打ち上げられる花火は
本当に綺麗だった。
10階マンションの屋上より。
花火初体験の蓮は、かなりテンション高く、はじめは観ていたが、後半は近所の子と走りまくっていた。
次の日は、長良川で川遊びもした。
岐阜は川も山も畑ある素晴らしいところ。
夏は暑いが、行った日は割と涼しかった。






見たもの

ストリッパー物語
つかさん原作をポツドールの三浦くんが構成、演出という画期的な試み。
ボソボソやるつか戯曲。
前半はなかなか見方のペースが掴めなかったが、後半、俄然素晴らしいところに落ち着いた。
非常に良かった。
リリーさんの舞台をはじめて見たが、あのボソボソ一人語り、なんとも言えない魅力があるなあ。
落語をやったらいいんじゃないか。


マームとジプシー
コクーン。
はじめて観た。
二の句がつげなかった。
沖縄戦、ひめゆり部隊をモチーフにした物語。
辛かった。
が、観れて本当に良かった。
ナイロンの若手、菊池がいい役を貰っていた。
素晴らしかった。
戦争は全てを狂わせる。



風立ちぬ
ストイックでした。
無駄なエンターテイメント性をあくまで排除してた点は、とても素敵だなあと。
私小説。
残された時間がない時、一番端的に重要な言葉を、愛する人に伝えるという事。
戦争のシーンを敢えて省いているのは、それぞれの想像力を持って見なさいというメッセージにも受け取った。



柳家さん喬、喬太郎、親子会。
久しぶりに落語にありつけた。
笑った。そして元気を貰った。



八月○日。
全国津軽三味線大会
高1の息子が、津軽三味線部に入って三ヶ月。
なんと、もうクラブ全員で大会に出場するというので、駆け付ける。
部員32人中、男子三人という鼻血がでそうな状況だが、よく入ったなあと思う。その勇気を褒め称えよう。
津軽三味線のことはよくわからないが、やはり上手い人のプレイは来るものがあり、最後のプロの皆様の演奏には本当に感動した。
津軽三味線は、ハードロックの早弾きの世界に似ている。
津軽三味線がこんなにロックだったとは。
若い人がはまる理由もうなづける。
いいものを見た。
息子の高校のクラブは、団体部門四位!
かなりの成績。
好きなものには、とことんのめり込むといい。



という訳で、ほとんど夏休み気分満載な日々ですが、新幹線で東京へ向かっています。
明日から数日ドラマの撮影です。
頑張りまーす。
  1. 2013/08/16|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)
前のページ 次のページ