だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


師走

イーハトーボの劇列車全公演終了


10月から始まった長かった公演も、全55回無事に終了しました。

前半、腰を少しだけ痛めた時期がありましたが、あとは風邪ひとつひかずに終われました。
井上ひさしさん、宮沢賢治さんが、上から守ってくれていたのでしょう。
ありがとうございました。


感慨深い公演でした。
まさか自分が、こまつ座に出るなんて、方言で舞台に立つなんて、そして飛ぶなんて(笑)
色々と新鮮でした。


とても仲のいい座組でした。
18歳から69歳までの幅広い年齢層でしたが、地方公演の頃には、まるで家族のような、いい距離感でした。


盛岡、山形など、賢治の故郷、井上さんの故郷と、東北へ出向いて公演が出来たのも嬉しかった。

3.11以降はじめて東北で舞台に立てたのです。

亡くなった人からの思い残し切符を今、生きている人たちに届ける車掌の役でしたが、この思い残し切符を、東北の皆様にも配れたことが、非常に感慨深かった。


楽日。
山形、川西町フレンドリープラザ。
山形のみならず、東京から、新潟から、さらには福島からのバスツアーで70名のかたがいらしていたりで、ほぼ満席でした。
様々なところで拍手が起こり。
あたたかい千秋楽でした。


カーテンコールの最後、客席の上からも思い残し切符が降るという仕掛けがしてあって、思わずうるうるとなってしまいました。
役者には知らされてなかったスペシャルな演出だったのです。
ニクいスタッフ陣。


皆様、本当にお疲れさまでした。
再演の時は、また呼んでください(笑)





さて、12月。
LIVEに向けてリハーサルやら準備やら。
もうひと仕事頑張ります。
  1. 2013/12/01|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)