だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


暑中見舞い申し上げます

皆様、お元気ですか。
暑いですね。
公演も終わったのに、かなり放置しっぱなしのだらけ日記。
断片的にですが、公演中から書き溜めたものをまとめてUPしまーす。


七月○日

木野花さん。
観劇していただいて、楽屋で感想を聞く。
寅夫、、本当に嫌な奴に見えた、、って事は、みのすけがうまいって事なんだろうなと。
あんたのこんな悪い役見たことないから、、新鮮で良かったよ。
と。

褒められた。
厳しい木野さんに褒められることなど少ないので、とても嬉しかった。

木野さんとは古く、10数年前に、真夏の夜の夢という舞台の演出を受けたり。

10月のこまつ座でご一緒させていただく。
よろしくお願いします。




つかの間、名古屋。
名古屋市美術館へ蓮を連れて。
絵本展だった。
僕は子供の頃、絵本をそんなに読んだ記憶がないのだが、蓮にはいっぱい読ませてあげたい。
名作の絵本がたくさんある。


東京公演楽日

長いようで短いようで。
無事終わりました。
誰も怪我せず無事終えられることが奇跡だと感じる昨今。


そして、次なる大阪も無事終わりました。
一日だけの13時18時公演と、かなりタイトなスケジュールでキツイ一日でしたが、、怪我もなく無事終了。


そして神奈川。
夕方から雷雨に見舞われ電車が止まったりで、間に合わなかったお客様もいたようですが。
無事に終わりました。


そして北九州。
ムンムンとすこぶる蒸しました。
小倉楽日には、スタンディングオベーションも。
小倉は熱い。


名古屋千秋楽。
蓮を劇場に連れていく。
アップのコアリズムでは、一緒に踊りまくった。
劇場での場当たりを見せる。
割と大人しくしていて、僕もやりたい、と言った(笑)
本番ではさすがに蓮は帰ったが、嫁の親戚筋、友人、知人大集合だった。
皆様それぞれ楽しんでくれたようで良かった。

そして名古屋で最終打ち上げ。
スタッフ交え全員で呑むのは、はじめてにして最後。
本当にお疲れさまでした。



八月○日。

友人から車を譲渡される。

幸運な事に、以前車を買おうかと思案していた事を覚えてくれていた嫁の友人から、もう乗らないのでと車を貰う。
トヨタカローラ。
譲渡の手続きは、警察へ行ったり運輸支局へ行ったり、色々めんどくさかったが、本当にありがたかった。
これで名古屋での行動範囲が拡がった。

オートバックス
カーナビ、ETCなどを装備。
立川の夏祭りには、車で実家に帰る算段。
蓮が長旅に飽きないかが鍵。







八月○日
岐阜の花火を見に親戚宅へお泊まり。
長良川から打ち上げられる花火は
本当に綺麗だった。
10階マンションの屋上より。
花火初体験の蓮は、かなりテンション高く、はじめは観ていたが、後半は近所の子と走りまくっていた。
次の日は、長良川で川遊びもした。
岐阜は川も山も畑ある素晴らしいところ。
夏は暑いが、行った日は割と涼しかった。






見たもの

ストリッパー物語
つかさん原作をポツドールの三浦くんが構成、演出という画期的な試み。
ボソボソやるつか戯曲。
前半はなかなか見方のペースが掴めなかったが、後半、俄然素晴らしいところに落ち着いた。
非常に良かった。
リリーさんの舞台をはじめて見たが、あのボソボソ一人語り、なんとも言えない魅力があるなあ。
落語をやったらいいんじゃないか。


マームとジプシー
コクーン。
はじめて観た。
二の句がつげなかった。
沖縄戦、ひめゆり部隊をモチーフにした物語。
辛かった。
が、観れて本当に良かった。
ナイロンの若手、菊池がいい役を貰っていた。
素晴らしかった。
戦争は全てを狂わせる。



風立ちぬ
ストイックでした。
無駄なエンターテイメント性をあくまで排除してた点は、とても素敵だなあと。
私小説。
残された時間がない時、一番端的に重要な言葉を、愛する人に伝えるという事。
戦争のシーンを敢えて省いているのは、それぞれの想像力を持って見なさいというメッセージにも受け取った。



柳家さん喬、喬太郎、親子会。
久しぶりに落語にありつけた。
笑った。そして元気を貰った。



八月○日。
全国津軽三味線大会
高1の息子が、津軽三味線部に入って三ヶ月。
なんと、もうクラブ全員で大会に出場するというので、駆け付ける。
部員32人中、男子三人という鼻血がでそうな状況だが、よく入ったなあと思う。その勇気を褒め称えよう。
津軽三味線のことはよくわからないが、やはり上手い人のプレイは来るものがあり、最後のプロの皆様の演奏には本当に感動した。
津軽三味線は、ハードロックの早弾きの世界に似ている。
津軽三味線がこんなにロックだったとは。
若い人がはまる理由もうなづける。
いいものを見た。
息子の高校のクラブは、団体部門四位!
かなりの成績。
好きなものには、とことんのめり込むといい。



という訳で、ほとんど夏休み気分満載な日々ですが、新幹線で東京へ向かっています。
明日から数日ドラマの撮影です。
頑張りまーす。
  1. 2013/08/16|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)