だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


台風が来る

ヨガ


やはりヨガはいいです。
気持ちがリセットされ、身体の中の汚れたものが綺麗に流れだしてくれるよう。

内観にもいい。
普段瞑想などしないのですが、ひととき、世俗世界と離れる感覚。
不思議な幸福感に包まれるのです。





「夢売るふたり」
西川美和監督作品は好きで観ています。
今回は、なかなか陰鬱で、男にとっては痛く辛い題材。
しかしとても面白かった。
ボディブローのように、しばらく経ってかから効いてくる作品。
松たか子さんありきだったのでは。





ナレーションのお仕事

広尾。
恵比寿から広尾まで久しぶりに散歩してみる。
二十代前半、この辺をウロついていた時期がある。
それにしても様変わりした建物や風景。

川だけは相変わらず流れていて。
なんだかホッとする。
あれからもう二十年以上が経ったのだなあ。





「キッチュニア」
ロフトプラスワンへ観に。
キッチュさんの器用さに、改めて感嘆の日。

久しぶりに会ったゲストの大堀浩一らと飲む。
楽しかった。





お彼岸

父のお墓参り。
母、姉、兄と四人で。
あいにくの土砂降りな日で、大変でした。
それでも、それぞれの子供達が居なかったので、姉兄達と久しぶりにゆっくりじっくり話せた。

話題は多岐に渡ったけれど、何時の間にか全員親になっていることや、姉はもう孫さえいる、、などのことを考えると月日の流れを感じずには居られない。

しかし距離感は十代の頃となにも変わらず。
優しく仲のいい兄、姉達に囲まれありがたいと思うひととき。
ここにもひょっこり幸せあり。





バス移動

舞台の稽古や本番中は、品川、名古屋間を新幹線移動ですが、ここ最近、時間のあるときはバスを使っています。
深夜バスはちょっと苦手ですが、昼間のバスは慣れるとなかなかいいもんで。
とにかく安いし。
本を読んだり、考え事したり、うつらうつらしながら天気のいい高速を行くのは充実の時間だったりします。
昔に比べるとバス会社も増えて快適なバスが多い。

鈍行列車気分を味わう。

とは言え。
まだ名古屋だから5時間程度で行きますが、大阪、広島などへ行く、長距離のバスは大変ですよね〜。






運動会

中3息子の運動会
障害物リレー、応援合戦、長縄跳び。
全ての活躍に、そしてクラスの優勝に感動する。
義理の息子、まっすぐ無垢に成長している姿に勇気を貰う。

今年は受験生、頑張らずに頑張って欲しい。








動物園

もうすぐ二歳の蓮をはじめて動物園へ連れて行く。
驚いたり、怖がったり、喜んだりする顔を見れるのが嬉しい。
楽しかった。
しかし動物園にいくなんざ、何十年ぶりだ。
子どもより、自分の方がテンション高かったかもしれない。






九月も終わり。
秋深し。
満月かと思えば台風が来る。

皆様、お気を付けて。








BGM
ヒゲの未亡人「ヒゲの未亡人の休日」
面影ラッキーホール「音楽ぎらい」
たま「いなくていい人」
フレッドアステア「エッセンシャル・コレクション」




Minosuke

No nukes More trees
SAVE CHILD
  1. 2012/09/30|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

日本はどこへ行くのやら

さて9月も半ば。
皆様お元気ですか。

僕は元気です。


最近は、ブログの更新も半月に一度くらいとスローペースになっておりますが。


まあそんな気分な時期なんです(笑)


これからも、ゆるやかに、末長くお付き合い願います。







映画祭にて


「ここにおるんじゃけぇ」
脳性マヒの佐々木千津子さんのドキュメント映画。
本人と監督さんのトーク付き。
とにかく勇気貰いました。


「エンディングノート」
観るのは二回目。
また泣く。


「トムボーイ」
少女が、少年と偽って過ごす数日。
非常に繊細に微妙な語り口に関心する。








木村藤子
「神様に愛される生き方・考え方」
「神様が伝えたいこと」

神様が伝えたいことは、ある意味、子育て本。
家族の在り方も含め、非常に勉強になりました。

子どもとの生活は、学ばさせられることばかりです。



谷川俊太郎
「ひとり暮らし」






クルマ選び!?

先日より、クルマ購入を思い立ち、いろんなクルマに試乗している。
乗ってみないとなかなか違いがわからないもの。
勉強になりました。

が、今回は見送り。
しばらく時期を待つ事にしました。

物事には最適のタイミングというものがあるように思う。





映画


「ぱいかじ南海作戦」
細川徹初監督ということで見る。
南の島に行きたくなった。



「あなたへ」
母親と見る。
80才にして現役を続ける高倉健さんにうなる。
母も喜んでいたようなので、ちょっとは親孝行になったかなと。

今年84の母は、耳が遠いので補聴器を
つけているのだが、聞いてみると補聴器というのはかなり高額だと知る。
母のは自分の耳のカタチに合わせて作った、いわばオーダーメイド。

身体の一部なのだから高額でもやむを得ないが、手の震えのある母には、小さな電池を入れ替える作業が大変そうだ。

補聴器について何も知らなかった。
ああ、知らないことばかりだ。




芝居


ノダマップ「エッグ」

新しくなった池袋の東京芸術劇場。
このホールに初めて足を運ぶ。
スポーツから戦争の話へ。
最終的には救いの無い話だったので悲しかった。

楽屋にて。
裸になるというので鍛えたというその筋肉の仲村トオルさんに、その体を褒め讃える(笑)。
大倉、秋山奈津子嬢らに挨拶し、池袋を脱出。



東京ハートブレイカーズ
「グレイテスト・ヒッツ」
吉祥寺スターパインズカフェ。

4人だけの少人数で、渋く決め、構成選出が良かった。
ワタナベマモルのウタも良かった。
首藤君は好きな事だけをやっている。
見習わねばと思う。




リボルブ方式「無いカタチ」
渋谷ルデコ。

いつもの吉増ワールドの上に、ダンスや唄が絡み合ってなかなか興味深い公演になっていた。
ルデコというギャラリー空間にもマッチしていたように思う。
吉増の考えている事は、相変わらず面白い。
榎本くるみさんの唄が、ウタだった。
素晴らしい。
リボルブは結成12年だそうだ。
時の流れの早い事。




「くうねるところ」
萩原聖人出演の舞台を、嫁と観に行く。
はじめは、吸血鬼達が人間の子供を育てるという荒唐無稽な話の入り口に、戸惑い、イマイチ乗れなかったのですが、中盤から後半にかけて何時の間にかそのナンセンス世界に引き込まれ、最後は感動すらしていました。

不思議な体験。

色んな芝居があるなあ。

薬師丸ひろ子さんの品の良さが素敵だった。
聖人、篠井英介さんに挨拶し、帰宅。








日々いろんなことが起こりますが。
目の前に起こる出来事は、いいことも悪いことも全て意味のあること。
最近は、その臭覚、触覚、感覚を大事にしながら生活しています。

そうすると幸福感が高まる気がするのです。




それにしても日本はどこへ行くのやらー
ですね。


とほほ。











  1. 2012/09/17|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

さあ9月!

あっというまに9月!



子ども色々


遂に「おかーさん」と呼んだ!?
ただ、たまに気が向いた時だけ。
ワザと呼ばないふしが。
「かーか」とも。


蓮が好きなアニメやら。

トトロ。
ミッフィー。
チェブラーシカ。
不思議の国のアリス。
崖の上のポニョ。

今はこの辺を毎日延々繰り返しております。
故にトトロのテーマソングは空で唄えます(笑)
散歩の時のテーマソング。

僕個人としては、チェブラーシカの可愛さとシュールさと暗さがなんとも好み。
ポニョは映画館で一度観た印象と違い、こんな話だったのかーと感心しまくり。
この世とあの世の話だったのかー!?




リンゴ病から夏風邪へ。
ほっぺが赤くなるのがリンゴ病。
ぐったり。
治ったと思ったら夏風邪。
熱、咳、鼻。
風邪の最中は大人同様機嫌がわるく、
いつもは起きてすぐニコニコなのに、わんわん泣きました。


しかし風邪治ってからの成長ぶりが著しい。



ネジと言った。

水溜りがすき。
入らずにはいられない。

マンホールが気になる。

飛行機には敏感。
「ひこーき」

信号を指さし、「あーか」
あおは言わない。

「ない〜」から「あったー」へ。

「にいに、がっこ」



蓮の嘘泣き


どこかにぶつけたり、たおれたりしたあと。
シチューエーションで、泣くときに。
嘘泣きします。
カウントダウンはサンニイイチ。




ボリショイサーカス観に行く。
素晴らしかった。
総合芸術。
蓮は、なかなかくいついていたが。
最後に馬が走りまくる華やかな見せ場で、眠りに落ちていた。
周りを見ると、子ども達みな寝ていた。
子ども達の集中力の時間は2時間もたず(笑)






島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展
バムとケロ、ぶたSIKAの世界へ。

とにかく可愛かった。
ヘビのグッズを買うも、蓮には不評。






映画


いわさきちひろ
〜27歳の旅立ち〜

素晴らしかった。
改めて、ちひろさんの絵本を読みたいと思いました。
嫁がちひろさんにハマりまくっている。






ファームかずと農園!


信州の山麓、ファームかずと農園さんより、とうもろこしが届く。
フルーツコーンと言うらしい。
これがめちゃくちゃ甘くて、ジューシー。
子ども達も大喜び。
ありがとうございます!


皆様、ご用命は是非こちらに。
http://www.farmkazuto.co.jp/
僕も頼みました。






「鎌形氏、すくい上げる」
名鉄ホールにて観劇。
倉持作品の中では、かなりわかりやすく。
非常にエンターテイメントしていて楽しかった。
決してわかりやすいものばかりが好きな訳ではない僕ですが、、今回は倉持くんの幅の広さを垣間見てとても関心しました。

三宅の運動能力!?いや動物的動きにも関心(笑)
客席がみな嬉しそうで、それも良かった。
出演者みなさん良かった。
いい仕事をしましたね、倉持くん、三宅!





ロンバケCD届く

懐かし。
浮かれてたなあ。
しかし楽しい20代だった。
良い曲満載。

ロンバケまたやりたし。






「百万円と苦虫女」

公開時に観ているが、映画祭で再見。
やはり面白かった。





そんなこんなな日々であります。










  1. 2012/09/03|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)