だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


4月がやってくる

桜の季節です。

みなさんどうしていますか?
僕は、淡々と子育てにいそしんでおります。
子供からは色んな事を学ばさせて貰ってます。
そしてどんなに疲れ果てても、幸せを実感してる日々です。




先日は、レモンライブのチラシ撮影がありました。
夏の公演なので、劇場での節電の中での上演の厳しさにどう対応していくかなど話しました。
レモンライブは去年に続き2回目です。


小さな劇場で、いい役者が集まった公演として、一回目はとても楽しませてもらいました。
なので2回目誘っていただいた時は非常に嬉しかった。
最終的に、今回もとても贅沢な素晴らしいメンツが勢揃いしました。
今からワクワクしています。





5月のナイロンの公演もチケット発売がはじまりました。
発売されたからには、やるって事です。

やるとなったらとことん。
今回はいつにも増してやる気を出さざるをえません。

公演に向けての意欲をムービーでも語っています。
http://www.cubeinc.co.jp/stage/info/nylon36th.html

もうすぐ稽古がはじまります。
震災後、どんな気持ちで稽古をしていくのか。
不安も多々ありますが、自分のやれる事を淡々と突き進みたいと思います。


是非みなさんいらしてください。





坂東玉三郎さんの公演を観て来ました。
震災に対しての祈りのような。
神がかった瞬間を垣間みて、ボロボロ泣きました。

 



桜が咲き始めました。

綺麗です。


今日も祈ります。





























  1. 2011/03/30|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

心は寄り添い、日常は普通に


震災から12日。
色んな事を想い、色んな事に惑わされ、色んな感情が渦巻いた日々でした。



震災で亡くなられた方々には、本当にお悔やみ申し上げます。



そして、今だ避難所生活などを強いられている方々、何もかもを無くしてしまった方々、
原発事故で、生活を余儀なくされている方々。


まだまだ予断の許されない、これからの長い長い苦難のはじまりでもあるとも思います。



今、日本のこれからが問われているのだと思います。



しかしこんな時だからこそ、人間同士の絆、他人を思う心など、一番重要で大切な事がクリアに見えて来るのではとも思います。






3月21日は、結婚式一周年でした。

去年の今頃は、まだ子供が出来るなんて思ってもいませんでしたし、一年後に、こんな震災が起こるなどとも予想できませんでした。


本当に嬉しいことも、本当に哀しいことも、同じように目の前に提示される現世。


今思う事は、
まず自分の周りから幸せを見つけて行くこと。

相変わらず嫁が大好きですし、二人の息子もこよなく愛しています。

まず家族を守ることから。



そして生き残って申し訳ないではなく、生き残ったからには、本当に悔いなく生きなければと思います。


震災の被害にあった方々とは、ずっとずっとずっと心を寄り添い続けなければいけない、
と同時に、自分に出来る事の日常をとりもどすこと。



演劇や音楽を生業としているものにとって。
公演を中止にせざえるを得ない状況も出続けるでしょう。
僕は今年、4本の舞台を予定していますが、それも絶対やれるのかどうかの保証などはありません。


しかしやるならとことん。
とことんやる!
です(笑)



支離滅裂な文章になってしまいましたが、とにかく前を向いて歩くのみです。







僕の敬愛する、大好きな友部正人氏の詩を。





「遠来」





君がニューヨークにいるのと同じように
僕は東京に居る


君がニューヨークでアパートを借りているのと同じように
僕は東京で借家住まいだ


君はニューヨークで新しい友達を見つけただろうか
僕は東京で見つけたよ
そして僕も君も東京とニューヨークで
うたの事を考えている







君がインドにいるのと同じように
僕は東京に居る


君がインドで丘の上の大木を見上げているように
僕は東京で庭の木を見上げている


君はインドで赤い袈裟を着てお祈りしているという
僕は東京でコーヒーを飲みながらお祈りしているよ


そして僕も君も東京とインドで
湯気を立てて晩ご飯の支度をしている








君がフランスにいるのと同じように
僕は東京にいる


君はフランス人の書類第一主義のやり方に腹を立て
僕は日本人の曖昧なやり方に腹を立てる


君からたまにはおいしいものを食べに行くよと手紙が届いた
僕は東京にいておいしいもんてなんだろう?と思っている


そして僕も君も風向きが変わり
ヨットは同じ方に走りはじめている








君が台湾にいるのと同じように
僕は東京に居る


君は台湾に行ってアジアが見えたかい?
僕は東京にいて この街もわからない


こんなにたくさんの人が生きているのに、という
そんな悔しさに襲われる事はないかい?


そして僕も君も東京と台湾で
捨てるもののなくなったドブ川を眺めている








君が地球にいるのと同じように
僕は地球の上に居る


夜になるとたくさんの街の火が
つながってひとつになるのを見たことがある


僕らはいつもどこか遠くから
僕らのいる星を眺めている


そして僕も君も この地球の上で
わかりあえないまま距離ばかりを大切にしている




















  1. 2011/03/23|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

神様の悪ふざけ














「神様の悪ふざけ」



G   D(F#)Em D Cmajor7 D G
何故 この夜空は 闇に包まれて いるんだろ
G D(F#) Em D C D G
それは星が綺麗に光るのが良く見えるように


Am Bm Am Bm
君は間違ってる 僕も間違ってる
Am Bm C F D7
間違って 間違って たどり着いたところがほんとうの世界


G D Em C D 7
何も間違ってなんかいない 全部間違ってる
G D   Em C D 7 G
それがおんなじ事だと やっとやっと気ずいた


C D Bm Em Am7 D7 G
この世は神様の悪ふざけ ちょっとだけ付き合ってあげよう
C D Bm Em Am7 D7 G
この世は神様の悪ふざけ ちょっとだけ付き合ってあげて
   

Am7 D7 G Em      Am Cm G
そして闇の中の光に   ぼくはなりたい
そして闇の中の光に  きみはなりなさい






何故ボクたちは不安を抱えて生きるんだろ
不安の中のきらめきを幸せだと気付けるように



君は気が狂ってる 僕も気が狂ってる
間違って 間違って たどり着いたところがほんとうの世界



何も狂ってなんかいない 全部狂っている
それがおんなじ事だと やっとやっと気ずいた




この世は神様の悪ふざけ ちょっとだけ付き合ってあげよう
この世は神様の悪ふざけ ちょっとだけ付き合ってあげて

そして 闇の中の光に ぼくはなりたい
そして闇の中の光に  きみはなりなさい







  1. 2011/03/20|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

それでも花は咲く

力強く生き抜きましょう。

祈りましょう。

20110316090336
  1. 2011/03/16|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)

祈り

被災地の方々のご無事を祈ります。

  1. 2011/03/11|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)
次のページ