だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


当たり連続

ホットヨガも結局夏以降は全く行かなくなってしまって運動不足充満な昨今だったので。
思い立って久しぶりに竹原スーツを着てジョギング。という名のウォーキング。という名の散歩(笑)
家から近くても、二つ三つ先の駅の方とかまで行ってみると気付かなかった店やら小さな公園やら路地やら、発見が色々あって楽しいものです。
でも行きは楽しいんだけれど、帰り道、新たな道を発見だ〜なんて感じで、来た道じゃないところを廻って行ったら、ちょっと迷子になってしまったり、、。
、、、運動も習慣にしないと意味ないですね。
とりあえず稽古場まで自転車通勤でいくとするか。

昨日は、五反田団の「生きているものはいないのか」を観劇。
作演出の前田司郎君は脱力系の先駆者でありつつ(笑)いつもほんとに面白い発想をするなあと思う。
今回も一つの発想のみで、セットもなんにもない舞台で1時間40分を一気に見せる。
こんな事言うと前田君に怒られそうだけど、、ある意味五反田団版「LOST」みたいだった。
京都に一ヶ月住んで、向こうの若者達と一緒に創って来たという企画の作品らしい。
12日までこまばアゴラ劇場でやってます。

面白かったと言えば、ウディアレンの「タロットカード殺人事件」は良作でした。
邦題がちょっとセンスないですが。
71歳だっていうのに俄然淡々と撮り続ける姿勢には感服です。
前作の「マッチポイント」が一級品の香りなら今回はB級ウッディ炸裂です。

それから、映画の日って事で衝動で観た「この道は母へとつづく」ってロシア映画も素晴らしかった。
この邦題も意味は合ってるけど普通過ぎてセンスがないなあ。
内容はまあ言わば母を尋ねて三千里というものですが、、ロシアの現実のリアリティがぐさりと、、切なく、、来るものがありました。
もしお暇な方は二本ともおすすめです。

それから、忘れてはならないケラさん監督の「グミ・チョコレート・パイン」も、ちょいと長い以外(笑)、、面白いです。
撮影時はほんとに何から何迄大変そうだった作品ですが、、、、出来上がって良かったですね。
お蔵入りになるんじゃないかって思ってましたから。
手前味噌ですが、是非ご覧下さい。

明日「わが闇」顔合わせです。。

today's album   After The Goldrush/Neil Young


  1. 2007/11/04|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック:0