だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


久々格闘技について

HERO'Sの感想。
桜庭に託された責任、期待、なぜそこ迄の重圧になっているのかが気の毒でもありつつ。
いつの時代も人はヒーロを求め、人はその成功物語が、逆境物語が観たいのだ。
ヒーロー不在の今の日本で。

レフェリーが何故止めなかったのかも分かる。
が、止めるべき場面はいくらでもあった。
期待。
どうにかするかもしれない。
どうにかしてくれるかもしれない。
そこ一点に全ての思いが。

もしかしたら死ぬかもしれない。
格闘技の世界は非情だ。

朦朧としてほとんど記憶の飛んだ彼はそれでも本能のままに試合を進め。
本能のままに勝った。
魂を削って生きている人は素晴らかしい。

そこで。

…亀田関係の方々、よーく考え直してもらいたい。
そんな事をやってたら夢見た子供は何も信じなくなる。

八百長。
プロレスの八百長とは違う、きな臭〜い八百長。

タイガーマスクは本当に強かった。
かっこ良かったのだ。
子供じゃなくてもいつまでも夢をみたい。
そんな、プロレス好きなおっさんの意見。

today's album   Brain Salad Surger/Emerson, Lake & Palmer
  1. 2006/08/09|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック:0