だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


CD堂々完成!

我が敬愛する
ムーンライダースの鈴木慶一氏に、おこがましくも僕の新しいCDのコメントを依頼したところ、素敵な言葉を頂いた!
その上、日記にもお褒めの言葉を書いて頂いた!!
この上ない幸せです!
覗くといいよ!!

鈴木慶一氏の「はてなダイアリー」
http://d.hatena.ne.jp/suzukikeiichi/
鈴木慶一氏の「お褒めの言葉」日記
http://d.hatena.ne.jp/suzukikeiichi/20060213

みのすけアルバムインフォメーション
http://minosk.com/info.html

CD堂々完成しました!
僕の三枚目のソロアルバム「月は僕の味方」。
素晴らしいものが出来ちゃいました。
ホント凄いんです!
一枚目、二枚目もそれはそれは素晴らしいモノでしたが(笑)。
今回はほんと視野のひろ〜い、色んな形のモノが散りばめられたアルバムになりました。
自画自賛!
そしてレコーディングに手伝っていただいた全ての人に感謝。
最近のライブでバックをやってくれてる、高井萌嬢はじめ、ヒノフジ君、渡辺くん、yuhki。
久々にベースを弾いてくれた中村哲夫氏。
そしてそして、何年かぶりにいきなりコンタクトを取ったにも拘わらず、アレンジ&ミックスを引き受けてくれた、ロングバケーション以来の中野テルヲ氏。
そして忙しい中コーラス参加してくれたケラ氏。
このアルバムのエグゼクティブプロデューサーであるだけでなく、アレンジそしてギターまで弾いてくれた三浦俊一氏。
そしてエンジニアの明石氏!頭あがりません!
ありがとう!!
もう思い残す事はありません(笑)発売と同時に死んでもいいです!
、、、あとは皆様に聴いていただかなくてははじまらないのです!!!
誰かいい宣伝方法あったら教えてください!

発売日 2006年3月23日 
タイトル 「月は僕の味方」
販売元「デルファイ・サウンド」
レーベル 「blue merle /delfi」
7曲入り ¥1890
全国のレコード店にて取り扱い致します。今回インディーズではありません!
「カラフルメリィでオハヨ」の上演劇場でも販売します。

さあお聴きなさい!!!
  1. 2006/02/27|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック:1

明日!

ドラマリーディング
明日、明後日。
にしすがも創造舎の体育館でやります。
リーディングとは言え、そこは毛皮族の江本純子演出だったりなんで、なかなか面白いものになってます。
暇な方は是非いらしたらどうでしょう。
明日は7時から。明後日は5時からです。
¥1000円ですし。。

今日のゲネプロには作家である、アメリカのジョーダン・ハリソン氏も来てました。
キャスト陣。
昔からの知り合いであり、ニッコリーという劇団があってそこで活躍してた、
普段からラリッぱなしの(笑)男優、今や毛皮族常連の金子清文君。
どこまでもさわやかな、少年王者館の水谷ノブ君。
毛皮族の重鎮、柿丸さん。
サードステージの太田緑ロランスさん。

まあ僕はリーディング公演なるものを観た事もないので。
どういう所を楽しむべきなのかさっぱり予測がつかなかったりすんですけど。。
僕なりに楽しもうと思っていま〜す。

関係ない話。
昔、薬師丸ひろ子が唄ってた「Woman」はほんといい曲だ。
Port Of Notes がカバーしてたのを今日聴いてつくずくまたいい曲だと思った。.




稽古四日目
なかなかリーディングってものは得体が知れなくて深い。
稽古終わってeプラスに行く。
カラフルメリィの取材。
宣伝の動画も撮ったので観るといいよ!


レコーディング最終日
待ちに待った中野テルヲ氏に頼んだアレンジの曲がスタジオに届く。
早速試聴。
色んな意味でぶっとぶ。
素晴らしい。
しかし曲順に悩む。七曲。
ミニアルバムのつもりだが、僕の曲は一曲が長いのでフルアルバムの装い。
なかなかバラエティにとんだアルバムになると確信。

稽古二日目
リーディングの稽古場は廃校になった学校だ。
本番をやる体育館見学。
凄い寒気と思ってたら今年二回目の雪。













それぞれの立場
年をとってくるとそれなりの立場が出来上がってしまう。
どんな職業であれ。
立場。
子供のようにはしゃいでた人達も立場がある。
簡単にははしゃげなくなっている。
ある意味、社会的な立場。
窮屈に感じる事もある。
前のようにはしゃいで無責任でいたい。
そこに美学があった。
立場。
立場。
偉くなってどうする?
いつまでも、はしゃげる立場を保ちたい。



ドラマリーディング
というものを初めてやる事になった。
その戯曲がなかなか難解で。。
アメリカのジョーダン・ハリソンという作家の作品。
ゲイ達の話だ。
演出は毛皮族の江本純子さん。
飲んだ事はあるが仕事をするのははじめて。
他のキャストは毛皮族常連の金子清文君。
彼とは劇団健康旗揚げの頃からの知り合い。
ニッコリーという劇団があってそこで活躍してた。
普段からラリッぱなしの(笑)男優である。
あとは皆はじめての人ばかり。
少年王者館の水谷ノブ君。
毛皮族の柿丸さん。
太田緑ロランスさん。
稽古は一週間弱。
僕はリーディング公演なるものを観た事もないので。
どんなものなのかさっぱり予測がつかないが、楽しもうと思う。

昔、薬師丸ひろ子が唄ってた「Woman」はほんといい曲だ。
portofnoth がカバーしてたのを今日聴いてつくずくまたいい曲だと思った。.



洗濯機の中に
ティッシュが紛れていたようで、、。
干すときにティッシュだらけに、、。
泣くになけず。。

友人から電話
「今、沖縄に来ているんだけど、「パラダイスビュー」って映画のロケ地って知ってます?」
「観たけど、、、、ん〜どこだろうね?本島ではないんじゃない(適当に言ってる)?なんか島だよ、、多分、、」
「ネットで調べてもわかんないんですよ〜」
「あ、じゃあビデオ借りて調べてあげるよ。よくエンドロールにロケ地書いてあったりするじゃん?」
「わざわざありがとう〜」
なんとなく引き受けてそして僕はビデオ屋に行く。
一軒目では無くて。二軒目では貸し出し中。じゃあツタヤだ。
電話で聞くと三茶のツタヤにもなく、結局渋谷ツタヤにあるとの事。
やっと借りれた。
観た。
、、、ロケ地わからず。
しかし映画は懐かしく観た。1985年の作品。
今じゃ沖縄映画多く創られてるけど、あの頃にしては画期的だった。
音楽、細野晴巨だし。。
キッカケはどうあれ、今僕がこの映画を見返す理由がな〜んかあったのであろう。。。



「贋作罪と罰」
松たかこ嬢にやられた。そして泣いた。
二ヶ月間これをやって来たってのは凄い事です。
楽屋で古田新太も「俺たちは偉い!」と自画自賛していた。いやほんとに皆偉い。村岡も大健闘。
後半に観て正解だったかも。前半より俄然良くなってると野田さん。
宇梶さん、野田さん、美術の日比野克彦さん、衣装のひびのこずえさんやらと飲みに。
宇梶さんとはかなり前に一回飲んだ事があるってだけの知り合いだったが、家が僕の実家の近所だって事で話がはずむ。
あと「オーラの泉」に出た時の興味深い話とか、、収録終わって江原さんから二時間くらいお話をして貰ったとか、、色々話せて面白かった。
いや〜凄く良かった。
今迄観たノダマップの中で一番良かったかも。
二ヶ月もこんなこと、、素晴らしい限りです。

「スタンドアップ」
いい映画ではあるんだけど、自分が今欲するものではなかったので、、、選択ミス。
  1. 2006/02/27|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック(-)