だらけ日記/月は僕の味方
*contents | Home | Blog | information | Profile | Photo | imagination |
| Cd-data | Mailform | Past | Link | contents*
  だらけ日記、考え中


どんより霧の立ちこめる中

ゆるゆると生かされております昨今。
しかし霧に慣れてくると、その中もなかなかオツなものかもしれないなどと思いつつ。
そんな中。
ここのところ観劇に次ぐ観劇をしています。
いやはや世の中には、色んなお芝居がございます事ですよ。
とくにダンダンブエノの作者でもある旧友、和久田理人の「砦」という作品は考え深いものがありました。
彼の心象風景そのもののような。詩のような作品で。
同時代を過ごして来た者としては興味深かった。
和久ちゃんとは、彼がマシュマロウエーブという劇団に居た頃に知り合い。
TBプラネットの公演に出させて貰った事もあります。
今は劇団の活動はしていませんが、ある意味天才、そして奇人!?なので、とても気になる存在なのです。
会えなかったのが残念ですが、作品として彼に会えたようでとても嬉しかったのでした。
長年会ってない友人の事がとても気になったのです。

today's album  Wonder Book/LA-PPISCH



  1. 1970/01/01|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック:1

どんより霧の立ちこめる中

ゆるゆると生かされております昨今。
しかし霧に慣れてくると、その中もなかなかオツなものかもしれないなどと思いつつ。
そんな中。
ここのところ観劇に次ぐ観劇をしています。
いやはや世の中には、色んなお芝居がございます事ですよ。
とくにダンダンブエノの作者でもある旧友、和久田理人の「砦」という作品は考え深いものがありました。
彼の心象風景そのもののような。詩のような作品で。
同時代を過ごして来た者としては興味深かった。
和久ちゃんとは、彼がマシュマロウエーブという劇団に居た頃に知り合い。
TBプラネットの公演に出させて貰った事もあります。
今は劇団の活動はしていませんが、ある意味天才、そして奇人!?なので、とても気になる存在なのです。
会えなかったのが残念ですが、作品として彼に会えたようでとても嬉しかったのでした。
長年会ってない友人の事がとても気になったのです。

today's album  Wonder Book/LA-PPISCH

  1. 1970/01/01|
  2. だらけ日記|
  3. トラックバック:0